医療レーザーを使った全身脱毛について

脱毛と言うのは、元々は医療行為だと言われていますが、医療行為だと言われている理由は医療レーザーと呼ばれている専用の脱毛機を利用する事や手術を行う時などに脱毛を行っていたからだと言われています。

最近は美容施術の一つとして全身脱毛に注目が集まっていますが、全身脱毛は気になるムダ毛を全て処理することが出来る利点が在ります。但し、全身脱毛と言っても施術を行う施設により、指定部位から施術希望部位を数か所選んで行うケースも在りますし、指定部位全てが対象になっているケースも在るなど様々です。尚、美容皮膚科や脱毛クリニックと呼ばれている病院での脱毛は医療レーザーを利用して脱毛の施術を受ける事になります。

医療レーザーは肌に照射させることでメラニンに強く反応を示す性質が在り、毛母細胞などの発毛を促す組織へ光が集中し、そこで熱エネルギーに変換されるため、組織を破壊することが出来ます。破壊された組織は発毛の機能が停止しているため、同じ場所から毛が生えだすと言う事が無くなると言う事です。

但し、組織を破壊することが出来るのは毛周期の中でも成長期に入っている毛のみとなるため、1回目の脱毛だけでは十分な効果を得る事が出来ません。通常、永久性を持つ脱毛とした場合は、2年から3年かけて成長期に入った毛を処理することで永久脱毛が可能になります。また、永久脱毛が可能になるのは医療レーザー脱毛や絶縁針脱毛と言った医療脱毛になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *