レーザー、電気式、家庭用永久脱毛それぞれの特徴

永久脱毛と一言で言っても、レーザーをはじめ、電気式や家庭用の永久脱毛器具があります。

そこでここでは、これらの脱毛方式の特徴についてそれぞれ説明します。まずレーザー脱毛は、レーザー光で毛と毛母細胞を焼いて脱毛する方式です。特徴は痛みが少なく、脱毛前に毛を伸ばしておかなくともできるという点が挙げられます。一方でレーザーはメラニンの黒い部分に反応するため、日焼け後の肌や、色黒の人はやけどを起こしやすいという点もあります。日本人の肌は多少のメラニンを含むため、強く反応するとやけどになることもありますが、肌に合えば何年にもわたってほとんど毛が生えないという場合もあります。

一方の電気式脱毛は毛穴に1本ずつ針を挿入し、毛根を電流で破壊して脱毛します。このため痛みが若干あり時間もかかることに加え、毛をある程度伸ばしておく必要があります。しかしながら、電気式脱毛は、完全に永久脱毛できる他、肌質を選ばないという特徴があります。永久脱毛は、美容皮膚科のような医療機関で受けられます。しかしながら、熟練していない施術者が行うと肌トラブルを起こすことがあるため、施術を受ける場所はアフターケアなどしっかりと対応している医療機関を選ぶようにします。

エステでも光脱毛を行っていますが、厳密に言うとレーザーではないため、やけどになるリスクが高くなります。最後に家庭用脱毛器は電気式で、皮膚を温めたり周りを押さえたりしながら抜きます。このため毛抜きよりは肌への負担が少ないですが、実際にはまた生えてくるため永久脱毛にはなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *