永久脱毛は本当に永久的に毛が生えないのか

永久脱毛とは、米国の電気脱毛協会による、脱毛の施術完了後、1ヶ月経過した時点で20%以下の毛の再生率と定義しています。

そのため、脱毛が完了したからとはいえ、永久的に2度と毛の再生がないというわけではありません。脱毛は、クリニックや病院などの医師の免許を持つ医療機関で医療レーザーを用いた、毛根の黒いメラニンに吸収させ発熱により毛乳頭や毛包幹細胞を破壊させ、毛の再生を抑制する方法とエステサロンや脱毛専門サロンでエネルギーの出力を抑えた光によるフラッシュ脱毛があります。

エステサロンなどのフラッシュ脱毛による脱毛は、法の定めにより毛乳頭などを破壊を禁じられていることから永久脱毛と呼ぶことはできません。フラッシュ脱毛でも、医療レーザーでの施術を同じ脱毛効果は見られますが、それには約3倍の照射回数が必要となり、時間の経過とともに毛の再生が行なわれるために、脱毛を繰り返すこととなります。いずれにせよ、永久脱毛と呼べる医療レーザーであっても毛の再生は行なわれますが、その効果に違いがあります。

永久的で長期的な持続性の高い効果となります。実際に10年以上再生されないという実証もあります。エステサロンなどでのフラッシュ脱毛器での脱毛の歴史が浅いことから、何10年などという実証例がないことも永久脱毛と呼べない理由でもあるようです。そのため、長期的な持続性のある永久脱毛をお望みの場合には、クリニックや病院などで医療レーザーによる照射をお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *