気になる医療脱毛の痛みを抑える方法

レーザーで施術を行ってくれる医療脱毛の特徴として、痛みが強めであるという意見が大変多くなっています。

基本的には我慢できないほどの痛みではないものの、エステサロンの光脱毛に比べて痛みが強いことは確かです。これには医療脱毛のレーザーが、強めの照射力を誇っているのが理由としてあります。1点に集まりやすい特殊なレーザーを用いているため、その部分に熱を発生させるパワーが光脱毛とは大きく異なります。代わりに、ムダ毛の奥の方まで作用することが可能で、毛乳頭を破壊する確率が高く、1回の処理でも綺麗にムダ毛を取り除くことができます。

痛みに関しては、日焼けを避けるようにすると、弱まるようになります。日焼けをしていない白い肌であれば、レーザーが肌に影響を与える危険が低くなります。それでも我慢できないのであれば、麻酔の利用を検討しましょう。医療脱毛ならではの対処方法です。麻酔には様々な種類が存在しますが、狭い範囲の脱毛施術であれば、部分麻酔で十分なことがあります。

肌表面に塗布するタイプの麻酔で、クリーム状のものからテープを貼るものが存在します。全身脱毛などの広範囲な施術に対しては、笑気麻酔が適しています。特殊なガスを鼻や口から吸入することで、しばらくすると痛みを感じにくくなります。眠ってしまうような強力な麻酔ではなく、呼びかけに対して話をできるほど軽度の麻酔です。この他にも静脈麻酔がありますが、女性に対する脱毛施術ではまず使われません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *