GC-Sはアルミ腐食へのリスクがないので安心

熱交換器は、定期的なアルカリ洗浄液によりメンテナンスが欠かせないといいます。その理由の中には、熱交換器で使う液体に含まれる成分がパイプ内部にこびりつき、これが原因で機能の低下や故障の原因に繋がるためです。目で見える部分などであればブラシを使い汚れを取り除くことはできるけれども、パイプ内部に汚れが付着してしまうと簡単に取り除くことはできません。GC-Sは、素手で触れることもできる強力なアルカリ洗浄液、熱交換器以外にもエアコンの洗浄や衣類の皮脂汚れ、血液汚れなどにも効果を期待できるといいます。

GC-Sは、素手で触れることもできるといいますが、これは安全性が高いことを示すものではあるけれども強力なアルカリ洗浄液などからも作業するときにはゴム製の手袋を装着することは必要といえます。ところで、金属の一つにアルミニウムがありますが、アルカリ性の液体はアルミニウムへの金属腐食を与える性質があります。そのため、強力なアルカリ洗浄液でもあるGC-Sはアルミニウムに対しては適用できないイメージを持つ人も多いようです。しかしながら、GC-Sは、アルカリ性ではあるけれどもアルミニウムに対するアルカリ腐食がありませんので、熱交換器の洗浄にも役立つ存在になりますしGC-Sは工業用ではあるけれども、通販サイトを通じて購入可能な商品です。

そのため、家の中の洗浄などで使いたいときなども利用できますし、様々な殺菌作用も期待ができるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です