トップクラスの産業機械メーカーであるアルファラバル

アルファラバルの熱交換器や流体移送機器、遠心分離機の分野で世界でもトップシェアを占めるスウェーデンの企業です。この会社は全世界に1万7千人ものスタッフがおり、100か国以上に販売拠点が存在します。160か国以上にアフターサービスを提供するサービスセンターがあるので、何らかのトラブルが発生した場合には迅速に対応してもらえます。アルファラバルは130年以上の歴史がある老舗企業で優れた技術力を誇っており、世界中の様々な産業を支えています。

この会社は1883年に2人のスウェーデン技術者によって設立され、当初は遠心分離機の製造・販売を行っていました。1901年には上場企業となり、第一次世界大戦後にはオーストラリアや南アフリカなどにも進出しています。アルファラバルはたんにスウェーデン国内だけで活動する会社ではなく、早い段階から世界の様々な国々に進出し活動してきました。日本には1925年に初めて同社の遠心分離機が導入され、1960年代以降は熱交換器と遠心分離機の国内製造を始めています。

アルファラバルは飲料や海運、造船など様々な産業に製品を提供し日本の経済発展を支えてきました。1978年には日本法人が設立され、1984年には製造と保守の拠点となるセンターを湘南に設置します。現在では東京都港区にある本社を中心に7つの事業所を展開し空調機器やエネルギー、飲料や医薬品など様々な企業に製品を提供しています。アルファラバルは日本でもトップクラスのシェアを占めていますが、世界では特にアメリカや中国で人気があります。

日本だけでなく世界中の様々な産業に属する企業にとって、同社の製品は不可欠な存在です。アルファラバルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です