様々な産業で必要とされるアルファラバルとは

アルファラバルは熱交換器と流体移送機器、遠心分離機の世界的な企業で様々な産業に製品を提供しています。この会社は1883年にスウェーデンで設立され、当初は牛乳からクリームを分離する遠心分離機を製造していました。1901年に株式を上場し、第一次世界大戦後には南アフリカやオーストラリアなどにも進出します。日本に初めてこの会社の製品が導入されたのは1925年で、1960年代以降は遠心分離機や熱交換器の国内製造が行われるようになりました。

アルファラバルが得意とする熱交換と流体制御、分離という3つの技術はあらゆる産業で不可欠とされています。同社はこれらの技術を活かして優れた製品を開発・製造し空調機器やエネルギー、食品や飲料など様々な企業に提供してきました。アルファラバルは世界の100か国以上に販売拠点があり、1万7千人ものスタッフを抱えています。同社は160か国以上にサービスセンターを設置しており、専門的な知識や豊富な経験を備えたスタッフから手厚いアフターサポートが受けられます。

アルファラバルは1938年に熱交換器の製造を開始し、1971年にデンマークの企業を買収すると流体移送機器の分野にも進出しました。同社は高度な技術を活かして優れた製品を製造するだけでなく、顧客のサポートにも力を入れています。何らかのトラブルが起きた場合でも同社に相談すればスタッフが迅速かつ丁寧に対応してくれるので安心です。製品の品質が優れているのに加えてサポートが充実しているため、世界中の多くの企業にアルファラバルの製品が使われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です