世界中の企業を支えるアルファラバルについて

アルファラバルは1883年にスウェーデンで設立された老舗の産業機械メーカーです。あらゆる産業において熱交換と流体制御、分離は非常に重要な技術とされています。アルファラバルは主に熱交換器と流体移送機器、遠心分離機を製造・販売し世界じゅうの様々な産業を支える存在です。日本でも飲料や薬品の他にエネルギーや空調機器などのメーカーが同社の製品を使用しています。

同社の製品は世界中で様々な企業に使われており、特にアメリカや中国で高いシェアを誇ります。アルファラバルは1883年に創業され、当初は遠心分離機の製造・販売を行っていました。1901年には上場企業となり、第一次世界大戦後にはオーストラリアや南アフリカなど世界各国に進出しています。熱交換器の製造は1938年に開始し、1963年には現在の社名に変更しました。

1971年にデンマークの企業を買収して流体移送機器の分野にも進出し熱交換と流体制御、分離という3つの技術を基礎として様々な製品を生み出すようになります。現在のアルファラバルは売上の44%を熱交換器が占めており、流体移送機器と遠心分離機がそれぞれ23%と18%を占めます。同社は世界の100か国以上に販売拠点があり、160か国以上でアフターサービスを提供しています。アルファラバルはたんに優れた製品を提供するだけでなく、顧客のビジネスを成功に導くための様々なサポートを行っている会社です。

160か国以上の国々に、アフターサービスを受けられるサービスセンターが100か所以上存在します。顧客の必要に応じて素早く最適なサポートが受けられるので、安心して同社の製品を導入し使い続けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です