130年を超える歴史を持つ老舗企業のアルファラバル

空調機器やエネルギーの他に食料や飲料などあらゆる産業において熱交換や分離、流体制御の技術は非常に重要です。アルファラバルは1883年に創業されたスウェーデンの産業機械メーカーで熱交換と分離、流体制御という3つの技術を基礎として様々な製品を製造・販売しています。この会社はたんにスウェーデンだけの企業ではなく、優れた技術を活かして世界中のあらゆる産業を支える存在です。日本には1978年に法人が設立され、現在では東京都の港区のある本社を中心に7つの事業所を展開しています。

アルファラバルは創業から130年を超える老舗の産業機械メーカーであり熱交換や分離、流体制御の分野では世界でもトップのシェアを占めます。同社の売上の44%は熱交換器が占めていて、遠心分離機と流体移送機器がそれぞれ18%と23%を占めています。アルファラバルの製品は世界中の企業が使用していますが、特にアメリカや中国で人気があります。同社は舶用業界向けの製品・サービスも、100年以上にわたって提供し続けてきました。

2000年代に入ってからは環境保護関係の製品にも力を入れており、世界で初めて化学薬品を使用しないバラスト水処理装置を開発し市場化しています。この会社は世界の100か国以上に販売拠点を持っており、スタッフの数はおよそ1万7千人です。160か国以上でアフターサービスが受けられるサービスセンターを設置していて、顧客から相談があれば迅速かつ適切に対応できます。アルファラバルは優れた製品を提供するだけでなくサポートも充実しているため、多くの顧客から高い評価を得ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です