環境保護に力を入れているアルファラバルについて

アルファラバルは1883年に設立されたスウェーデンの老舗産業機械メーカーで熱交換器と遠心分離機、流体移送機器の分野では世界でもトップクラスのシェアを誇ります。日本では1925年に牛乳からクリームを分離するための遠心分離機が初めて輸入されました。1960年代以降になると遠心分離機や熱交換器の国内製造も行われるようになり、現在では東京都港区の本社を中心に7つの事業所を展開しています。アルファラバルの製品は日本だけでなく世界中の企業に使用されていて、特にアメリカや中国では高いシェアを占めます。

同社の年間売上の44%は熱交換器であり遠心分離機が18%、流体移送機器は23%を占めています。売上の大半を熱交換器と遠心分離機、流体移送機器が占めていますが2000年代に入ってからは地球環境の保護にも力を入れるようになりました。同社は舶用業界向けの製品・サービスについても、100年以上にわたって提供し続けてきた歴史があります。アルファラバルは薬品を使わないバラスト水処理装置を開発し、世界で初めて市場化しました。

企業の発展は国や地域の経済活動と密接な関係があり、経済活動は地球環境の変化から大きな影響を受けます。アルファラバルは顧客企業が事業を成功させるため、高品質で環境にも優しい製品を提供しています。たんに高品質なだけでなく地球環境への負荷を可能な限り軽減し、持続可能な発展に役立つ製品を開発している点に同社の大きな特徴があります。アルファラバルは熱交換や分離、流体制御という3つの技術を基礎として優れた製品を開発するだけでなく地球環境の保護にも貢献している企業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です