アルファラバルはアフターサポートも充実しています

アルファラバルは熱交換器や流体移送機器、遠心分離機の分野でトップクラスのシェアを占める世界的企業です。この会社は1883年に2人のスウェーデン人技術者によって設立され、当初は牛乳からクリームを分離する遠心分離機を製造していました。1938年には熱交換器の分野に進出し、1971年にデンマーク企業を買収して流体移送機器の分野にも進出します。熱交換と流体制御、分離は空調機器やエネルギーの他に飲料や医薬品などあらゆる産業で不可欠とされる技術です。

アルファラバルは創業から130年を超える老舗企業であり、長年にわたって培ってきた技術と経験を活かして世界中の企業を支えています。この会社は1901年に上場企業となり、第一次世界大戦後にはオーストラリアや南アフリカなどに進出しました。スウェーデンの企業ですが世界的な視野で営業活動を展開しており、日本には1925年に初めて同社の遠心分離機が輸入されています。日本では1960年代から熱交換器や遠心分離機の製造が開始され、1978年には法人が設立されました。

現在では東京都港区の本社を中心に7つの事業所があり、空調機器やエネルギーなど様々な企業に製品の販売とアフターサポートを行っています。アルファラバルは世界の100か国以上に販売拠点があり、スタッフの数はおよそ1万7千人です。160か国以上にサービスセンターを設置し、顧客からの相談があれば経験豊富なスタッフが迅速に対応する体制を整えています。アルファラバルは高品質な製品を提供するだけでなくアフターサポートも充実しているため、顧客は安心して製品を使い続けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です