世界的な規模で事業を展開するアルファラバルとは

アルファラバルはスウェーデンの産業機械メーカーですが、世界的な規模で事業を展開しており100か国以上に販売拠点があります。同社は全世界で1万7千人ものスタッフを抱えていて、160か国以上にサービスセンターが存在します。製品を使用中に何らかのトラブルが起きた場合でも、サービスセンターに問い合わせれば経験豊富なスタッフが迅速かつ丁寧に対応してくれます。日本法人は東京都港区の本社を中心として7つの事業所があり、製品の販売やアフターサービスを行っています。

アルファラバルは熱交換と流体制御、分離という3つの技術を基礎とした様々な製品を製造している会社です。1883年に設立された当初は牛乳からクリームを分離するための遠心分離機を製造していました。現在同社の主力製品である熱交換器は1938年から製造を開始し、1971年にはデンマーク企業を買収して流体移送機器の製造を始めます。アルファラバルが得意とする熱交換と流体制御、分離はあらゆる産業で必要とされる重要な技術です。

この会社はエネルギーや空調機器、製鉄や発電の他に食料品や飲料など様々な産業分野に優れた製品を提供しています。アルファラバルは世界中のあらゆる産業を根底から支える企業であり、特にアメリカや中国では高い売上を誇ります。この会社は第一次世界大戦後に南アフリカやオーストラリアなど各国に進出しました。19世紀の終わりに設立され、20世紀を通して世界的な大企業に成長してきた歴史があります。

アルファラバルは熱交換器と流体移送機器、遠心分離機の分野において世界でトップクラスのシェアを占める企業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です