迅速かつ的確な熱交換器 メンテナンスを実現するには

汎用性の高い機器である熱交換器は、ボイラーや蒸発生成器あるいは復水器や製造ラインなど、コンスタントな熱供給を必要とする産業現場では、欠かすことのできない設備で知られます。そのためプラントや施設によっては、24時間365日フル稼働しているケースもよくあります。とはいえ長期にわたり稼働し続けていれば、やはり様々な不具合が目立つようになります。例えばスケールが蓄積すると熱交換率が低下して、安定した熱供給が不可能になるでしょう。

さらに深刻なケースでは、プレートガスケットの劣化や貫通割れなどが発生して、液体漏れして周囲の機器にまでダメージを与えることも考えられます。そうなれば産業現場での生産性が落ちたり、事業そのものを停止する事態もあり得ます。もちろんこのようなリスクに対しては、普段から定期的な点検を徹底し、少しでも異常を認めたら、速やかに熱交換器メンテナンスすることで、回避することが可能です。ただし産業現場によっては、点検やメンテナンスに必要な技術や人材を確保できないケースもあることでしょう。

それならば現場に導入した熱交換器の専門メーカーと、あらかじめメンテナンス契約しておくのが理想です。このようなメーカーであれば設計段階から製品について熟知している上、熱交換器メンテナンスで必要な担当スタッフやノウハウそして部品なども、十分にそろえています。つまり産業現場で万が一のトラブルが発生しても、迅速かつ的確な熱交換器メンテナンスが期待できると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です