熱交換器 メンテナンスは重要です

熱交換器メンテナンスを定期的に行わないと、内部で炭酸カルシウムやシリカなどの無機塩類がスケールとなって付着し性能低下や故障の原因になります。スケールが厚く蓄積しないように、何らかの方法で定期的な熱交換器メンテナンスを行わなければなりません。一般的には強酸性の洗浄液を使うケースが多く見られますが、危険性が高いだけでなく金属を腐食させるというデメリットが存在します。炭酸カルシウムなどの無機塩類は強酸性の洗浄液を使えば簡単に溶かせるものの、安全に十分中した上で作業を行わなければなりません。

熱交換器メンテナンスを強酸性の洗浄液で行う場合には、ゴム手袋やゴーグルなどを着用して皮膚に付着したり目に入ることがないようにします。塩酸のような強酸性の洗浄液が皮膚や粘膜に付着すると炎症を起こすことがあり、目に入ると視力低下や失明の危険性があります。安全対策を講じた上で、機器を破損しないように正しい濃度で作業を行ってください。市販されている強酸性の洗浄液の中には安全性も優れており、金属の腐食が少ないタイプもあり熱交換器メンテナンスに最適です。

経済的に余裕がありスケール自体の発生を防ぎたいのであれば、ろ過器や軟水器を使って無機塩類を除去するとよいでしょう。ろ過器や軟水器は導入と維持に多額のコストがかかりますが、原因物質を除去するのでスケールの発生自体を止めることができます。スケールだけでなく赤錆も一緒に除去したい場合や、設備を止めず安全に熱交換器メンテナンスを行いたい場合は赤錆剥離・除去電磁気装置を使うのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です