熱交換器 メンテナンスのコストを軽減するには

大量かつ安定した熱供給を必要とする産業現場では、熱交換器は欠かすことのできない機器です。汎用性も高いため、24時間365日フル稼働しているケースも珍しくありません。もちろんその分、普段から定期的な点検を徹底し、熱交換器メンテナンスも入念に実施することが求められます。そもそもメンテナンスが必要になるのは、重大なトラブルを未然に防いだり、製品寿命を延ばす、あるいは既に故障した箇所を修復して製品を正常化するなど、決して見逃すことのできない重要な目的があります。

したがってメンテナンスにはできるだけコストをかけるのが理想と言えるでしょう。とはいえ産業現場の中には、熱交換器メンテナンスにかかるコストの増大に悩むケースもあるはず。それならば機器の導入段階で、耐久性に優れてメンテナンスが少なく済むタイプを採用することも検討すべきでしょう。そこで注目したいのが、プレート式熱交換器です。

これは乱流促進構造と呼ばれる独自の仕組みを特徴としており、質の高い安定した熱供給をすることで知られます。さらに稼働中でも乱流促進構造によって自己洗浄機能が働くため、スケール等の蓄積を抑止して、トラブルが発生し難いことも見逃せません。そもそもプレート式は構成部品が少なく、可動部もほぼ皆無なシンプルな構造なので、故障し難いと言えます。このため熱交換器メンテナンスの頻度も少なく済み、結果的にはメンテナンスのコストも軽減することが期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です