熱交換器 メンテナンスを迅速かつ的確に実施する

熱交換器は汎用性の高い機器であるため、ボイラーや蒸発生成器あるいは復水器や製造ラインなど、あらゆる業種の産業現場に導入されています。現場によっては24時間365日フルに稼働し続けているケースも、決して珍しくありません。そのため普段の定期点検を怠ったり、ちょっとした不具合を見逃して熱交換器メンテナンスしないと、結果的に重大なトラブルを招くこともあります。トラブルの原因には色々なものが考えられますが、特によくあるのがスケールの蓄積を起因としたケースです。

熱交換器内を流れる水流に不純物が溶け込んでいると、やがてカルシウムやマグネシウムなどの物質が析出し、スケールになって蓄積していきます。このスケールは熱交換の効率を下げるだけでなく、サビや腐食による貫通割れにもつながります。そうなると液体漏れで熱交換器が稼働しなくなったり、周囲の機器にまでダメージを与えるなど、産業現場そのものを休止することにもなりかねません。このようなリスクを避けるためにも、普段から定期点検を徹底し、少しでも異常を認めたら迅速かつ的確に熱交換器メンテナンスへ移行することが重要です。

あるいは熱交換器の導入段階で、トラブルが起きにくいタイプを採用することも、リスク回避として有効でしょう。例えばプレート式熱交換器であれば、流体促進構造による優れた熱効率が実現可能な上、故障し難いのが大きなメリットで知られます。これは可動部がほぼ皆無で、部品も少ないシンプルな構造だからです。結果的には熱交換器メンテナンスの短縮化も期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です