プレート式熱交換器 メンテナンスなら専門メーカーへ

熱効率の高さやトラブルの少なさを理由に、プレート式熱交換器を導入している産業現場も珍しくありません。このタイプの熱交換器は伝熱プレートにヘリンボンパターンのような波形状を施した、流体促進構造と呼ばれる独自の仕組みが大きな特徴。これは伝熱プレートの流体を乱すことを意図しており、こうすることで流体温度の均一化を図ると同じに、熱交換を妨げる膜の生成も抑制し、質の高い安定した熱供給を実現します。さらにこのタイプで注目したいのが、自己洗浄機能に優れている点です。

熱交換器の稼働中も、流体促進構造が水溶性の不純物を滞ることなく流し出すため、熱交換器のプレートや配管へのスケール等の付着を防ぎます。これによってスケール除去等の熱交換器メンテナンスを容易にするだけでなく、製品寿命を延ばすことも期待できます。とはいえ、いくら優れたプレート式熱交換器であっても、定期的な点検を怠ったり、熱交換器メンテナンスもせずに不具合を放置すれば、様々なトラブルが目立つようになります。その結果、生産性が低下したり、生産ラインそのものを停止するなど、産業現場に何かと支障をもたらすことにもなりかねません。

したがって普段から定期的な点検を徹底し、万が一の際には速やかに熱交換器メンテナンスを実施できる体制を整えておくことが、それぞれの産業現場には求められます。もし現場にメンテナンスできる技術や人材がいなければ、専門メーカーへ委託するのが理想です。突発的なトラブルが生じても、迅速な熱交換器メンテナンスが期待できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です