プレート式熱交換器 メンテナンスが必要ならば

プレート式熱交換器の特徴は乱流促進構造にあります。これは伝熱プレートをヘリンボンパターンなどの波形状にすることで、そこを流体の流れを意図的に複雑にする仕組み。その結果、流体温度の均一化や、熱交換の妨げになる膜の生成を抑制し、熱交換の効率を高めます。プレート式熱交換器のメリットとして、他の熱交換器に比べて故障やトラブルが少ないことも挙げられます。

その理由は可動部がない上、構成部品も少なく、乱流促進構造によって自己洗浄機能が備わっているからです。とはいえ、長期にわたり熱交換器メンテナンスもなく稼働し続けていれば、やはり経年劣化などによって何らかのトラブルが目立つようになります。例えばプレートガスケットの経年劣化やスケールの蓄積あるいは貫通割れなどが、典型的なケースです。そのまま放置していると、深刻なトラブルを招くこともあり得ます。

例えば作業現場で必要な熱量を確保できずに生産量が落ちたり、プレート内の液体が混合あるいは漏れ出して、生産ラインがストップするといったケース。こんなリスクを生産現場で負わないためにも、普段から定期的なチェックを徹底し、必要であれば迅速に熱交換器メンテナンスができる体制を整えておくべきでしょう。もし外部に熱交換器メンテナンスを依頼するのであれば、やはり生産現場に導入したプレート式熱交換器の専門メーカーが安心。設計はもちろんメンテナンスについても十分に熟知しており、迅速かつ的確なメンテナンスの実現が期待できるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です