熱回収の利点について

熱回収とは、もう使わなくなって後は捨ててしまうだけとなった廃棄物について、単にそのまま捨ててしまうのではなく燃やすことで発生する熱を回収して有効に活用することを意味します。言うまでもないことですが、熱を発生させるにはエネルギーが必要です。一般の家庭でも、調理のために鍋にお湯を沸かしたり、入浴のために温水を必要としたりしますし、冬場の暖房需要もあります。これらのためには、普通はガスや電気を必要としているわけですが、熱回収を有効活用できて、今までであれば使うはずだったガスや電気を多少なりとも使わずに済むのであれば、それだけ省エネルギーが達成できたのと同じことになります。

一方で熱回収は良いことばかりではありません。そもそも、使わなくなって後は廃棄するだけといったものをできるだけ発生させないに越したことはないからです。つまり、できるだけゴミは出さない、ゴミになるようなものは最初から買わないとか、できるだけリサイクルで再利用するといったことのほうが、熱回収よりもはるかに省エネルギーであり、地球環境に優しい行動になります。また、熱を回収するためには当然ながら対象物を燃やさなければなりませんが、残念ながらその際に発生するのは一般的に熱だけではありません。

それこそ温暖化の原因となる二酸化炭素も発生しますし、燃やすものによっては有毒ガスが発生してしまうこともあり、それらについても十分な対処が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です