熱回収を行えば二酸化炭素の排出量が減ります

化石燃料を消費して二酸化炭素の排出量が増えると、地球温暖化が促進されてしまいます。地球温暖化が進むと南極や北極などの寒い場所や高山などの氷や氷河が溶けるため、海水が増えて陸地が減ります。低地や小島などが海に沈む可能性があるだけでなく、動物や植物の生息地が失われて数が減少します。気温が変化するため伝染病が増え、気候変動によって世界における食料の生産量も減ってしまいます。

地球温暖化は人類だけでなく地球上のあらゆる生命に大きな影響を及ぼします。ヒートポンプやコージェネレーションシステムなどを使って熱回収を行えば、二酸化炭素の排出量を減らすことができます。ヒートポンプは空気などから低温の熱を集めて高温に変え、様々な用途に再利用するための装置です。コージェネレーションシステムは発電と熱回収を同時に行う装置で、単独で発電や熱供給のシステムを使うよりも大幅にエネルギー効率が向上します。

工場ではヒーターを使って熱を発生させることがありますが、ヒートポンプはヒーターよりも少ないエネルギーで動かすことができます。コージェネレーションシステムは、総合的なエネルギー効率を70%から85%まで高めることが可能です。地球温暖化を防ぐためには石油など化石燃料の消費量を減らし、温室効果ガスである二酸化炭素の排出量を減らさなければなりません。ヒートポンプやコージェネレーションシステムによる熱回収はエネルギー消費量を減らしてコストを削減するだけでなく、二酸化炭素の排出量を減らし地球温暖化を防ぐためにも役立っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です