マルチサイクロンは遠心力を使用するろ過器です

マルチサイクロンは内部に複数のサイクロンが設置されていて、汚水が流れ込むと激しく回転して異物を分離します。サイクロンの基本的な仕組みは日本でも人気のある掃除機と同じですが、水力学的な設計がなされています。下部から取り込まれた汚水は遠心力によって浄化され、上部から出て行きます。分離した異物は下部にあるポリカーボネートの透明な沈殿槽に溜まるため、外部からも確認でき難しい制御は不要です。

異物はドレンバルブを開けば排出できる構造になっており、定期的にメンテナンスをする必要もありません。複数の異物が混じった水の中から、特定のものだけを取り出したい場合にマルチサイクロンは威力を発揮します。製造業の現場では細かな木片や金属粉などの異物を取り除かなければならない場合がありますが、手作業だと膨大な時間がかかってしまいます。このろ過器を使えば、細かな木片や金属粉などを短時間で取り除くことが可能です。

食品や化学製品、金属加工の工場だけでなく汚水や汚泥の処理場などでもマルチサイクロンが活躍しています。ろ過器には様々なタイプがありますが、フィルターを使う場合には定期的に交換しないと汚れが溜まって性能が低下します。定期的なメンテナンスを行うには時間と費用がかかるので、業務の効率性を重視するならばマルチサイクロンがおすすめです。マルチサイクロン導入すればメンテナンスに時間や費用をかける必要がなくなり、重要な業務に専念して生産性を高めることができます。

マルチサイクロンのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です