マルチサイクロンが汚水を浄化する仕組みについて

異物を含んだ汚水を効率的に浄化できるろ過装置がマルチサイクロンです。この装置はフィルターではなく遠心力で水に含まれる異物を分離し、メンテナンスが不要という特徴があります。一般的なフィルターを使うタイプのろ過装置は、長期間にわたって使い続けていると汚れが溜まって性能が低下します。性能を維持するためには定期的にフィルターを交換しなければならないので、手間と費用がかかります。

遠心力で異物を取り除くタイプならば、フィルターの交換が不要なため手間と費用がかかりません。マルチサイクロンは海外製の掃除機でも話題になったサイクロンが使われており、強力な遠心力で異物を分離します。下部から取り込まれた汚水がサイクロン部に流れ込むと、激しく回転して異物を取り除き綺麗になった水が上部から排出されます。異物は下部にある透明なポリカーボネートの沈殿槽に蓄積し、外部からも確認できます。

上部のカバーは紫外線や腐食に強い素材が使われており、沈殿槽に溜まった汚れはドレンバルブを開いて排出します。耐久性が優れているだけでなく汚れを外部に排出する構造になっており、特別なメンテナンスをしなくても性能を維持できます。マルチサイクロンは高性能で扱いやすいため、食品や化学製品など様々な工場で使われています。ただし除去できる異物のサイズに上限があり、対応不可能な異物を取り除きたい場合には他のタイプと併用します。

他のタイプと併用した場合、様々な異物を効率的に除去できるだけでなくフィルター交換の頻度が遅くなるので経済的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です