効率的に異物を取り除くことができるマルチサイクロン

水中には様々な異物が含まれていますが、ろ過器を使えば異物を効果的に取り除くことができます。一般的に広く使われているのは、緩速ろ過やグラスパールフィルターなどのフィルターを使うタイプです。前者は砂利を多層に敷き詰めてフィルターとして使うのが特徴で、砂利の中に含まれる藻類や微生物が細菌や悪臭なども取り除いてくれます。ただし水が綺麗になるまでに時間がかかり、あまり濁り過ぎた水には対応できません。

フィルターに汚れが溜まると性能が低下するため、定期的に交換する必要があります。グラスパールフィルターはガラス製のフィルターを使うタイプで性能が優れており、汚れを排出する仕組みがあります。このタイプは緩速ろ過より汚れが溜まりにくい構造になっていますが、定期的なフィルターの交換が必要です。緩速ろ過やグラスパールフィルターと異なり、フィルターを使わず遠心力で異物を取り除くタイプのろ過器も存在します。

マルチサイクロンは内部に複数のサイクロンが設置されており、汚水が流れ込むと急激に回転して遠心力を発生させ異物を分離します。浄化された水は上部から排出され、異物は下部にあるポリカーボネートの沈殿槽に溜まります。マルチサイクロンの沈殿槽は透明なので外部から確認でき、特別な制御を行う必要はありません。ドレンバルブを開けば異物を排出できる仕組みになっており、他のタイプのようなメンテナンスも不要です。

効率的に異物を取り除くことができるだけでなく扱いやすいため、様々な製造業の現場でマルチサイクロンが活躍しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です