予防歯科は、歯だけでなく全身疾患のために必要

###Site Name###

近年、「予防歯科」を掲げる歯医者さんが増えてきました。
近年の研究で歯の疾患が全身疾患につながることがわかってきました。
例えば、歯周病の場合、歯周病菌が原因で口の中にある細菌が食べ物や飲み物と一緒に胃に運ばれ、全身に栄養を運ぶ段階でそのときに侵入した細菌もまた全身に運ばれて口からはるか離れた臓器に悪さをするということが考えられるといわれています。

また「噛む」という行為は脳に刺激を与えるといわれており、高齢者の場合、自分の歯が残っている人の方が健康寿命が長いといわれています。
つまり「予防歯科」は、今のためにあるのではなく、先を見据え、定期的にケアしていくことで、口の中に限らず全身の健康へと導くためのものなのです。



欧米ではすでに当たり前の考え方で、口の中のトラブルがなくても定期的に受診するという習慣ができているそうです。


ところが、日本の場合、口の中で何かトラブルがなければ歯医者に行かないというケースが多いのではないでしょうか。予防歯科は当然小児から受診するのが好ましいです。


小児期では口の中に多くフッ素を残すことで虫歯になりにくくします。

できるだけ自分の歯を残すには若いうちからケアするにこしたことはないのです。

口の中を衛生に保つには毎日の歯磨き習慣が大切ですが、歯ブラシでは磨ききれない汚れもあります。

goo ニュースに関しての関心度が高まっています。

歯垢は歯石となってしまい、だんだん落ちにくくなります。


自分はきれいにしていると思っていても、予防歯科に定期受診することが大切なのです。