差し歯やブリッジがある場合の矯正歯科治療について

###Site Name###

矯正歯科治療は、歯の噛合わせを良くするための治療を指します。
乳歯が生え変わる頃から行うことができ、成人になっても治療を行うことは可能です。


差し歯やブリッジ治療を受けている歯があるという場合、つまり全てが自分の歯では無いという場合には、矯正歯科治療を受けることが出来るのでしょうか。



結論から言うと、差し歯やブリッジがあるという場合には、必要に応じて一度治療をし直してから矯正歯科治療を行う必要がある場合があります。

表参道の矯正歯科情報がさらにわかりやすくなりました。

矯正歯科治療では、専門の矯正装置を歯に装着する必要があります。

goo ニュースの最新情報を紹介しています。

その際には、接着剤を用いて、矯正装置を取り付けることになりますが、天然の歯と比べると差し歯やブリッジには接着剤がつきにくいと言われています。


そのため、治療の途中で矯正装置が外れてしまう可能性がありますので、外れてしまった場合には、その都度接着剤で付け直す必要があります。矯正歯科治療は、全ての歯科医院で受けることが出来るわけではありません。

一人ひとりの状態や希望に応じて最適な方法は異なりますので、信頼することが出来る歯科医院を選ぶようにしましょう。

治療期間が長期にわたることも多いため、治療前に分からないことや不安に感じることがあれば、確認するようにすることが大切です。なお、矯正期間終了後には、後戻りを防ぐために、保定装置を使用する必要があります。
保定装置を使用する期間についても個人差がありますが、後戻りが心配であればある程度長期的に使用したほうが良いでしょう。