熱回収の仕組みについて

熱回収とは、もう使わなくなった廃棄物について、そのまま捨ててしまうとか埋め立てに回してしまうのではなく、燃やして得られる熱を回収して有効活用することです。非常に広い意味では、落ち葉や枯れ木などのゴミを集めてたき火をおこし、手をかざして暖を取ることとか、その熱で焼き芋を作るようなことも含まれます。今ではこのような光景は都会ではほぼ見られなくなっていますが、かつてはどんな家でも普通に行っていたことでした。熱回収でポイントとなることは、廃棄物が定常的に得られることと、発生した熱の有効活用先が確立されていることです。

家庭でたき火をするレベルであればともかく、事業としてそれなりの設備投資をする以上は、有効活用できなければ成り立ちません。特に、発生した熱をどのように利用するかは熱回収を考えるにあたって避けて通ることはできません。熱は確かにエネルギーの一種ではありますが、物理学的に見ると決して人間にとって扱いやすいとは言えず、例えば電気などのほうがよほど有用です。例えば、遠くにまでそのエネルギーを運ぶことを考えても、電気であれば送電網が整っていますが、熱を運ぶのは容易なことではありません。

そのため、必然的に発生したその場所や近辺で活用することを考えなければならないのですが、そうなると今度は過剰に発生するという問題に直面することになりがちです。特に暑い夏場など、熱はむしろ邪魔者扱いされてしまうかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です