地球環境の保護にも役立つ熱回収について

安定した事業運営を行うにはブランドイメージが重要になるため、環境保護に力を入れている企業も多く存在します。最近ではヒートポンプや全熱交換器、コージェネレーションシステムなどを導入して積極的な熱回収を行うケースが増えました。これらの装置を使って熱回収を行えば、エネルギー効率を改善してコスト削減を図れるだけでなく温室効果ガスである二酸化炭素の排出量も減らせます。石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料を消費すると二酸化炭素を発生させ地球温暖化の原因になります。

企業は安定的に事業運営を行うには、積極的な熱回収によって地球環境の保護に貢献することが大切です。ヒートポンプは低温の熱を集めて高温に変える装置で、ヒーターなどを使って熱を発生させるよりもエネルギー消費量が少なくなります。工場で機械や設備を稼働させると10度から40度ほどの低温の熱が発生します。低温の熱には再利用が困難なイメージがありますが、ヒートポンプを使えば可能です。

全熱交換器は空調で失われる熱と湿度を交換・回収する装置、熱だけを交換するヒートポンプよりも省エネルギー効果が優れています。コージェネレーションシステムは発電と熱回収を同時に行う装置で、総合的なエネルギー効率が70%から85%に高まります。発電や熱供給のシステムを別個に使用する場合、それぞれのエネルギー効率は40%ほどです。コージェネレーションシステムには石油や石炭、天然ガスなどを動力源とするものがありエネルギー効率を大幅に改善できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です